ホーム>INFORMATION>シェフ日記>Le japonの3年間
シェフ日記

Le japonの3年間

皆さんこんばんわ。

9/1でル・ジャポンは3周年を迎える事ができました。

毎日必死に走り続け、やっと3年?まだ3年?って感じです。
 

3年たって足場が固まりつつあるので、更に高みを目指し多方面に頑張っていきたいと思います。

そんな訳で今月前半は、3周年特別メニューとして至高のメニューで皆様をお待ちしております。

 

● 合鴨のエスプレッソ煮 サラダ仕立て 焼き茄子マヨネーズ

北海道産のスノーホワイトチェリバレーという合鴨をエスプレッソに漬け込んで火を入れてます。
それに相性のイイ香ばしい焼きなすソースで召し上がって下さい

● 渡り蟹のブイヤベース

旬の渡り蟹を丸々すり潰してスープに仕上げてます。
旨みが口いっぱいに広がります。

● 鮮魚のポアレ 万願寺唐辛子ソース

鮮魚のポアレに何処にもない万願寺唐辛子のソースで召し上がって下さい。

ノンクリーム、ノンバターとは思えないほどコクのあるソースが出来上がりました

● 長萩和牛のロティ 無花果ソース

程よい赤身で自慢の長萩和牛のいちぼを焼いたものに晩夏らしい無花果のソースでどうぞ。

● 冷しフォアグラ坦々麺

言わずと知れたル・ジャポンのスペシャリティ。
これは外せません。

● アルザスワインで漬けた葡萄とトマトのテリーヌ

香り高いアルザスワインで漬けた秋の味覚をテリーヌ仕立てでどうぞ。



当日の仕入れの都合で少し変わるかもしれませんが、是非、お店で3周年を舌で感じにいらして下さい。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

3周年

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.le-japon.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

ページ上部へ