ホーム>INFORMATION>食材について>長萩和牛
食材について

長萩和牛

おはようございます。
本日は当店で扱っているお肉のお話です。
 
ル・ジャポンでは色々なお肉を使ってますが、今日は「長萩和牛」の紹介です。
 
「長萩」'ちょうしゅう"と読みます。
 
長萩和牛
山口県萩の牛肉で大変美味しい黒毛和牛です。
サシと赤身のバランスが良く、僕好みのあまりくどくないお肉。
 
まだまだ東京では扱っているお店は少なく、レアなお肉で、
僕が萩の旅館のプロデュースしている関係で見つけました。
 
地方に行くと色々な食材に出会えて幸せですね。
 
因みに和牛のルーツは萩の見島という離島の「見島牛」という和牛と言われてます。
 
上野動物園にもいる天然記念物です。
 
 
ついでにうんちくをもう一つ。
 
うちでも使っている和牛の部位で「イチボ」というものがありますが、
このイチボの名前の由来は、お尻の骨を英語で、アルファベットのHに似ているのでエイチボーンと言うのですが、それがなまって、イチボになったそうです。
美味しいお肉、シェフのオイシイうんちくに出会いたいなら、是非、ル・ジャポンにお越しください(笑)
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.le-japon.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/130

ページ上部へ