ホーム>INFORMATION>2019年5月

2019年5月

シェフ日記 ~GW福島遠征その②生産者編~

皆さん、令和もよろしくお願いします。
 
さて、先日の福島遠征ですが、もちろん生産者さんところも行ってきました。

 
まずは白河高原清流豚の秋元さんのところへ
 
豚ちゃん達にはHACCPのシステム上会えませんでしたが、店舗にはお邪魔してきました。
 
秋元さんの豚はなんせ脂が旨い!そしてサッパリしてます。
 
安易な表現になってしまいましたが、美味しいんです。
 
そして、この度社長さんにもお話をお伺いできたのですが、
 
確固たる信念の元、食材を生産されているのが言葉の端々から伝わってきました。
 
この豚を使って良かったと確信しました。
 
急な訪問にもご対応していただきありがとうございました。メンチ美味しかったです。

 
 
 
 
シェフ 中田耕一郎
 
 
 
 
 
そして、いわきに帰って伺ったのが
 
ファーム小泉さん!
 
小泉園
 
こちらは当店の人気料理の2トップ、土鍋ご飯と冷しフォアグラ担々麺の主原料のお米農家さんです。
 
小泉さんと出会ってなかったら現在のルジャポン はなかったとも思える大切な生産者さんです。
 
こちらも突然の訪問でしたが、暖かく迎えて頂きました。
 
素敵なご家族で優しさに溢れる皆さん方で、「食材も愛情が一番大切なんだ」と実感できました。
 
皆さんの食材を精一杯活かして頑張らねばと改めて思いました。
 
 

 

シェフ日記 ~GW福島遠征その①出張料理編~

 

シェフ日記 ~GW福島遠征その①出張料理編~

 
皆さんこんにちは!
GWはいかがお過ごしでしたか?
 
僕は5日間の連休中は、半分お休み、半分仕事でした。
 
今回は出張料理で福島に遠征しました。
 
「流しの料理人」ですね。
包丁一本さらしに巻いて行ってまいりました(笑)
 
 
まずは郡山の「なか田」に伺ってオーナーシェフのナカタ君とコラボディナーさせて頂きました。
 
ナカタ君とは偶然にある会で知り合って、今回のイベント開催となりました。
 
なか田×Lejapon コラボイベント
 
まだ会って3回目でしたが、やはり名前が同じというのは偉大ですね。相性バッチリでした。
 
ナカタ君は年下ですが、数々の名店で修行を重ねた強者で、色々勉強させて頂きました。
 
お店もステキなお店で、ナカタ君の高いセンスに脱帽です。
 
料理も地産地消にこだわり、型にとらわれない素晴らしい料理でした。
 
なか田×Lejapon コラボイベント
 
 
 
 
 
そして、もう一箇所遠征してきました。
 
僕の地元いわきの人気ベーカリー「オールアバウトベーカリー」です。
 
こちらのオーナーシェフの小野寺くんは小学校の後輩です。
 
国産小麦や発酵バターを使用し、素材本来の旨味を大切にし、大きなお店で一人黙々とパンを作る尊敬すべき職人です。
 
オールアバウトベーカリー
 
彼のパンにいわきのシェフ仲間の
スタンツァの北林シェフ
ダイニングキッチン 月海 Ruuの今野シェフ
華正楼の吉野シェフ
 
で世界各国のサンドイッチを作りました。
 
僕は和とフレンチを担当。
 
all about bakery
 
令和元年初日に大盛況でした。
 
行列が出来てしまって、慌てて作りました(笑)
 
みんなでワイワイ楽しかったです。またやりたいです。
 
 
 
そして最後にご褒美にいわきの名店「HAGI」
 
シェフの萩さんとは仲良くさせて頂いているのですが、ちゃんと伺って食事するのは初めてで、めちゃくちゃ楽しみにしてました。
 
そして、1日1組貸し切りレストランなので、家族で伺いました。
 
HAGI
 
 
いわき市 HAGI
 
いやー美味しかった。家族があんなに美味しい、美味しいって言うのは初めてでした。
 
思い出に残る食事になりました。
 
 
 
 
 
 
福島県 郡山市 清水台一丁目6-23 安積国造神社参道内 
 
 
 
オールアバウトベーカリー
福島県いわき市草木台1-10-16
TEL:0246-29-0380
 
 
福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10  
TEL : 0246-26-5174 
 
 
 
 
 

~Le japonのオススメシャンパン~ スタッフブログ

こんにちは!スタッフの片山です!
 
ル・ジャポンでは4/29~5/3までGWのお休みを頂いておりました。
皆さまはこの10連休どうお過ごしになりましたか??
私は地元の福岡に帰省して家族や友達と休みの時間を過ごしてまいりました!
 
 
 
さて本日はル・ジャポンお馴染みのシャンパン、
CHAPUY(シャピュイ)をご紹介したいと思います!
 
CHAPUY(シャピュイ)
 
シャンパーニュ地方でも特に優れたシャルドネを生み出す銘醸地、コート・デ・ブランのオジェ村に位置する家族経営のワイナリーです。
 
「最高級のシャンパーニュをお手頃な価格で」の経営理念の元、1952年より当時の当主セルジュによりシャンパーニュの生産がはじめられました。
 
 
コート・デ・ブラン地区はシャンパーニュの中でも特に優れた石灰質土壌で、地表のすぐ下に石灰質が広がります。
この石灰質の豊富なミネラル分により、複雑な味わいのシャルドネが生み出されます。
 
 
 
リンゴやブリオッシュ、ミネラルの風味がフィニッシュまで持続します!
どの前菜にも相性ピッタリです。
非常に繊細かつ絶妙なバランスのあるシャピュイはシェフのオススメです(^ ^)
 
ル・ジャポンにお見えになりました際は是非、このシャピュイで乾杯をしてみてはいかがでしょうか♩
皆様のご来店をお待ちしております。
 
 
 
ページ上部へ