ホーム>INFORMATION>シェフ日記

シェフ日記

いわきワイナリー ~シェフ日記~

異常気象が続く昨今の天気を思うに、環境問題に真剣に取り組まなければと思う今日この頃です。
 
さて、わが故郷いわきも甚大な被害を受けた方々がたくさんいらっしゃいます。
 
お世話になっている生産者の方、料理人仲間となんて声をかけたらよいかわからないほど、大変な思いをしている方々がいらっしゃって、心が痛いです。
 
でもそんないわきに明るくなってほしいと、10月のことですが、いわきのイベントに参加してきました。
 
いわきには、”IWAKI Winery”というワイナリーがあり、その収穫祭で料理を作ってきました。
 
初めて伺いましたが、素晴らしい景色の中にワイナリーテラスがあり、いわきにこんな素敵な場所があったとは知りませんでした。
 
そこで、料理人仲間の「HAGIフランス料理店」萩シェフと「La Stanza」北林シェフと一緒に炭焼き鉄板バルをオープンしてきました。
 
いわきにワイン文化を根付かせようと、パテ・ド・カンパーニュ、フォアグラソテー、アヒージョ、ステーキ、ソーセージなどなど作ってきました。
 
一日目は悪天候のため、なかなか苦戦しましたが、二日目は晴天に恵まれ大盛況でした。
 
一時は行列が出来て、てんやわんやでした(笑)
 
少しはいわきを元気に、ワイン文化を広められましたかね?
 
いわきワイナリー
 
最後にワイン講習会を主催されていた「南青山エッセンス」の薮崎シェフとワイナリーの丘で一枚!
素敵でしょ!
 
皆さんいわきに是非お越しください!
 
 
 

ビーガンコース ~シェフ日記~

夏からスタートしたベジタリアン・ビーガンコースは嬉しいことに口コミによりどんどん予約が増えていってます。

ビーガンのダシには東御市の加茂さんの大豆の煮豆を使っています。

正直、煮豆の概念がかわります。

ヴィーガンコース

 

ヴィーガン・ベジタリアンコース

ランチコース 6,000円

ディナーコース 7,000円

 
 
~ベジタリアンのお客様は勿論の事、普段とは違ったコースをご希望のお客様、ヘルシー志向のお客様に特におすすめです~

 

日本橋にて親子料理教室を開催

 

先日、萩シェフと一緒に日本橋福島館MIDETTEで、いわきの魚と野菜を使った親子料理教室が開催されました。

みんな、いわき市の安全で新鮮な食材を手にとって料理を楽しんで頂けたと思います。

今回は夏休み期間でのイベントということで、お子様向け料理教室でした。

 

 

萩シェフ・中田耕一郎シェフ

今回は、夏休みということもあって小学生の娘もアシスタントとして連れていったのですが

かなり張り切っていた娘は大活躍でした!

 

簡単に作れるいわきの魚介と野菜たっぷりのアクアパッツァといわき梨をぜいたくに使ったスムージーを作りました!

 

 

ふくしま食材

いわきの魚介と野菜

簡単アクアパッツァ

魚介と野菜たっぷりのアクアパッツァ

 

 

アンテナショップイベント
シェフの娘

 

アシスタントとして、大活躍した娘には本当に感激しました!さっそく自宅でも一緒にアクアパッツァ作ってみました!

これからも手伝ってもらおうと思います!

来年はお店でも夏休み企画できたらいいな。

ふくしま応援シェフとして、ふくしまのアンテナショップなどのイベントはこれからも積極的に開催していきますよ!

 

 

9/7(土)11:30~ シャンパーニュ飲み比べ

皆さんこんにちは
 
スペシャルワイン教室のご案内です。
 
今回はワイン好きなら誰でも知ってる3種類のワインを飲み比べです。
 
まずは「ボランジェ」
 
生産に必要なブドウの約70% を、シャンパーニュ造りに最良とされるグランクリュとプルミエクリュでおもに構成される160ヘクタールの自社ブドウ畑から供給しています。
また、オーク樽での発酵や、カーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより、世界的な名声を確立しており、1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なメゾンのひとつとなっています。
 
あの“007”でジェームズボンドも愛飲するシャンペンです。泡の口溶けが素晴らしく、初めて飲んだ時の感動を未だに忘れれません。
 
お次は「ポル ロジェ」
 
「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュを造り続けています。
木樽を一切使用せずステンレス・タンクで発酵させることによって、ブドウ本来の繊細な味わいを引き出します。
またルミュアージュを重視し、今でも職人によって手作業で行う数少ないハウスの一つです。地下に広がるセラーはエペルネで最も深く、そこでゆっくりと熟成させることによって極上の泡を伴うシャンパーニュが生まれます。
 
こちらも英国王室御用達でかの”チャーチル”が愛飲しておりました。
 
最後に「ドラモット」
 
ドゥラモットは、その拠点をコート・デ・ブランのグラン・クリュのひとつ、ル・メニル・シュール・オジェ村に置き、あの幻のシャンパーニュ、「サロン」の姉妹メゾンという位置づけです。
サロンはご存知のとおり、単一品種、単一クリュ、単一収穫年のシャンパーニュのみを生産し、この100年間にリリースされたのはわずか30数ヴィンテージにすぎません。
ではサロンが造られない年、そのブドウはどうなるのかといえば、このドゥラモットのために使われるのです。
 
あの高級シャンパーニュ「サロン」はめったに飲めませんが、こちらの「ドラモット」ならたまには(笑)
 
この3本を飲むなんて滅多にない事です。
そして、さらにこれらのシャンパーニュを美味しく深く知るためにソムリエ上杉がわかりやすく解説致します。
シェフも負けない料理を1品お教え致します。
 
今回は特別なワイン教室な為会費をお一人様10,000円とさせて頂きます。
もちろんチケットお持ちの方は差額をお支払い頂ければokです。
 
なお、すでにご案内出来るお席残りわずかです。
お早目のご予約をお勧め致します。
 
シャンパン ワイン教室
 

ワイン教室

~美味しく、楽しくワインを知りながら食事を楽しむことを中心とした教室です~
 
シャンパン特集! 9月7日(土)11:30~ 【残りわずか】
 
お一人様10,000円 
*10回チケット利用の場合は差額のお支払いあり
*ソムリエの上杉氏によるレッスンです。
 
 
 

シェフ日記 ~ロンドン出張~

報告遅くなりましたが、先月末にロンドンでヴィーガンならびに昆布のセミナーをさせて頂きました。

ロンドン

ロンドンのヴィーガンブームの波は凄いです。

そんなロンドンでセミナーが出来て嬉しかったです。

お陰様で、今回の仕事も大成功!

ビーガン 昆布

ということでル・ジャポンでも近々

ヴィーガンコースはじめます。

詳細は、まだHPにて更新していきますので、乞うご期待!

シェフ日記 ~GW福島遠征その②生産者編~

皆さん、令和もよろしくお願いします。
 
さて、先日の福島遠征ですが、もちろん生産者さんところも行ってきました。

 
まずは白河高原清流豚の秋元さんのところへ
 
豚ちゃん達にはHACCPのシステム上会えませんでしたが、店舗にはお邪魔してきました。
 
秋元さんの豚はなんせ脂が旨い!そしてサッパリしてます。
 
安易な表現になってしまいましたが、美味しいんです。
 
そして、この度社長さんにもお話をお伺いできたのですが、
 
確固たる信念の元、食材を生産されているのが言葉の端々から伝わってきました。
 
この豚を使って良かったと確信しました。
 
急な訪問にもご対応していただきありがとうございました。メンチ美味しかったです。

 
 
 
 
シェフ 中田耕一郎
 
 
 
 
 
そして、いわきに帰って伺ったのが
 
ファーム小泉さん!
 
小泉園
 
こちらは当店の人気料理の2トップ、土鍋ご飯と冷しフォアグラ担々麺の主原料のお米農家さんです。
 
小泉さんと出会ってなかったら現在のルジャポン はなかったとも思える大切な生産者さんです。
 
こちらも突然の訪問でしたが、暖かく迎えて頂きました。
 
素敵なご家族で優しさに溢れる皆さん方で、「食材も愛情が一番大切なんだ」と実感できました。
 
皆さんの食材を精一杯活かして頑張らねばと改めて思いました。
 
 

 

シェフ日記 ~GW福島遠征その①出張料理編~

 

シェフ日記 ~GW福島遠征その①出張料理編~

 
皆さんこんにちは!
GWはいかがお過ごしでしたか?
 
僕は5日間の連休中は、半分お休み、半分仕事でした。
 
今回は出張料理で福島に遠征しました。
 
「流しの料理人」ですね。
包丁一本さらしに巻いて行ってまいりました(笑)
 
 
まずは郡山の「なか田」に伺ってオーナーシェフのナカタ君とコラボディナーさせて頂きました。
 
ナカタ君とは偶然にある会で知り合って、今回のイベント開催となりました。
 
なか田×Lejapon コラボイベント
 
まだ会って3回目でしたが、やはり名前が同じというのは偉大ですね。相性バッチリでした。
 
ナカタ君は年下ですが、数々の名店で修行を重ねた強者で、色々勉強させて頂きました。
 
お店もステキなお店で、ナカタ君の高いセンスに脱帽です。
 
料理も地産地消にこだわり、型にとらわれない素晴らしい料理でした。
 
なか田×Lejapon コラボイベント
 
 
 
 
 
そして、もう一箇所遠征してきました。
 
僕の地元いわきの人気ベーカリー「オールアバウトベーカリー」です。
 
こちらのオーナーシェフの小野寺くんは小学校の後輩です。
 
国産小麦や発酵バターを使用し、素材本来の旨味を大切にし、大きなお店で一人黙々とパンを作る尊敬すべき職人です。
 
オールアバウトベーカリー
 
彼のパンにいわきのシェフ仲間の
スタンツァの北林シェフ
ダイニングキッチン 月海 Ruuの今野シェフ
華正楼の吉野シェフ
 
で世界各国のサンドイッチを作りました。
 
僕は和とフレンチを担当。
 
all about bakery
 
令和元年初日に大盛況でした。
 
行列が出来てしまって、慌てて作りました(笑)
 
みんなでワイワイ楽しかったです。またやりたいです。
 
 
 
そして最後にご褒美にいわきの名店「HAGI」
 
シェフの萩さんとは仲良くさせて頂いているのですが、ちゃんと伺って食事するのは初めてで、めちゃくちゃ楽しみにしてました。
 
そして、1日1組貸し切りレストランなので、家族で伺いました。
 
HAGI
 
 
いわき市 HAGI
 
いやー美味しかった。家族があんなに美味しい、美味しいって言うのは初めてでした。
 
思い出に残る食事になりました。
 
 
 
 
 
 
福島県 郡山市 清水台一丁目6-23 安積国造神社参道内 
 
 
 
オールアバウトベーカリー
福島県いわき市草木台1-10-16
TEL:0246-29-0380
 
 
福島県いわき市内郷御台境町鬼越171-10  
TEL : 0246-26-5174 
 
 
 
 
 

シェフ日記 ~オーベルジュ オー・ミラドー~

久しぶりに僕の料理人人生の原点の地に行ってまいりました。
 
オーベルジュ オー ミラドー
 
箱根にある日本初のオーベルジュ(フランス発祥の泊まることが出来るレストラン)です。
 
20年前初めてこの門をくぐりました。
 
今まで食べたことのないフランス料理で未だにその日のメニューは覚えてます。
 
5年こちらで修行しましたが、色々な思い出が蘇り、駆け出しの何も出来なかった自分がまだここにいるような気がしました。
 
僕の3人の師匠の一人ムッシュ勝又は未だ現役バリバリでした。
 
深夜までお付き合いして頂いたのに、朝には普通にいらっしゃいました(笑)レジェンドです。
 
料理も僕の働いていた時より、さらに進化してました。
 
僕も前に進まねばと気持ちを新たにした、最高の旅、食事でした。
 
オー・ミラドー
 
 
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159-15
0460-84-7229

謹賀新年 Lejaponおせちのご紹介

みなさま、明けましておめでとうございます。

昨年は、ル・ジャポンも7周年、プロデュース業にも力を入れることができました。
私的にも息子が生まれ幸せな1年でした。

今年は家族が増えたことでますます気合を入れて頑張って参ります。
どうぞよろしくお願いします。

年末年始は、毎年恒例のクリスマス営業から忘年会のケータリング、そしておせちの納品を終わらせホッとしたお正月を過ごせました。

 

2019真空おせちセット

今年のおせちは宅配用に、真空セットのものでご用意!

新登場の商品でしたが大好評でした。

 

2019ル・ジャポンおせち

31日にお引き取りにお越しいただけるお客様には例年通りのおせちをご準備いたしました。

Lejaponおせち2段重に加えて香箱蟹のスープと和牛赤ワイン煮込みもついたおせちセットです。

こちらもお歳暮や帰省のお土産としても喜んでいただきました。

 

1月は新春らしく冬の食材をふんだんに使った、からだが温める料理を準備しております。

ご来店お待ちいたしております。

ご予約はこちらから

HAGI × Le japon コラボイベント ~シェフ日記~

先日開催された川内村のイベントでは、
 
以前から交流のあった福島県いわき市の1日1組限定の有名フレンチレストラン 「HAGI」の萩さんとのコラボが実現しました!
 
HAGI×Lejapon
 
福島県川内村の自然が産んだ食材たちを味わっていただくコース。
みなさん、食材にも興味を持ってくださり、大好評でした。
 
Soba GARDEN
 
川内村の副村長が育てた栗
川内村、獏原人村の自然の卵
川内村、いわなの郷の岩魚
川内村、KiMiDoRiのハーブ
川内村のそば粉や手打ちそば
川内村の野菜たち
 
など・・・
 
コラボイベント 川内村
 
萩さんと一緒に作ったチーム福島の料理。
お客様に思いは伝わったようで、ご満足頂けました。
これからもっと福島、川内の良さを伝えていきたいです。
 
楽しかったです。
また萩さんとガチでコラボしたいなぁ〜
 
 
 
ページ上部へ