ホーム>INFORMATION>シェフ日記

シェフ日記

シェフ日記 ~いわき市でのイベント報告~

こんにちわ、毎日暑いですね。
さて、先日 地元福島県いわき市で行ったイベントの報告を。
 
今回は所属している団体「F’s kitchen 」のイベントでした。
 
福島の生産者、料理人の団体で、福島の素晴らしい食材を広めるイベントを行ってます。

 
今回は僕の地元の地元、いわき南部が会場という事で料理を作らせて頂きました。
 
本当に素晴らしい食材が沢山あります。
 
ジャージ牛の仔牛、原木椎茸、その他美味しい地元野菜を使って一皿作りました。
 
「ジャージー仔牛のファルシ 椎茸赤ワインソース」
いわきイベント料理
 
通常、仔牛肉は柔らかいんですが、味は少し優しい感じなんですが、このジャージーは違います。
 
味が、濃い!
 
もう感動的です。
 
そして、椎茸も味が濃い!そして全然縮まない!
 
ですからこの料理は旨味たっぷりに仕上がりました。我ながら美味しく出来たと思います。
 

これからも、福島の素晴らしい食材を使って美味しい料理を作っていきたいです

 

 

来月は、当店にて福島出身シェフコラボイベントを開催いたします!

8月19日(日)~20日(月)2Day スペシャルコラボイベント

中華コラボ

お料理・ドリンク付きの特別価格でご用意しています。まだ若干空きがございますので、ご予約お待ちしております。

 

シェフ日記 ~夏のコラボイベント~

皆さん、おはようございます。
 
毎日梅雨空が続きますが、今日は梅雨が明けて、夏の話を
 
きたる
8/19(日)~20(月) 中華のシェフとコラボイベント
を開催する事になりました。
 
 
中華コラボ
 
 
 
中華料理とのコラボは初めての試みです。
 
今回、コラボして頂けるシェフは「桃飯房 sone」の曽根さんです。
 
 
「桃飯房 sone」は僕のふるさと福島県いわき市の隣、古殿町にあるお店です。
 
曽根さんとの出会いは、一年ほど前、いわきのシェフたちが開催されたイベントに出席した時です。
 
その時、曽根さんはナメコというアレンジが難しい食材を使って、料理を作ってらっしゃいました。
 
それは美味しく、失礼ながら
「いわきにもこんな凄い中華のシェフがいるんだぁ」
という、衝撃を受けた事を今でも覚えています。
 
そして、縁があってお話している間にこのコラボイベントが実現する事になったのです。
 
イベントでは、東京では手に入らない希少な地元食材を使って新しい中華料理を作っていただける様です。
 
僕も負けじと他にはない「ル・ジャポン料理」を作りますので、是非いらしてください。
 
僕、自身が一番楽しみで、ワクワクしています(笑)
 
 
 
8月19日(日)~20日(月)2Day スペシャルコラボイベント
 
お人様参加費  20,000円 (最大10名まで)
19日は19時から
20日はお好きなお時間で
 
お食事・5種類のワインペアリング付き 
 
 
スペシャリティ コラボ前菜盛り合わせ
sone 温前菜
lejapon 冷前菜
鱧のコンソメ仕立て
お口直し
鮫川村根本さんの羊をXO醤で
Sone特製シメのトマト麺
古山果樹園の桃とジャージー牛の杏仁豆腐+α
 
※当日は希少な食材を使う為、入荷次第でメニューが変わる可能性があります。
 
 
8月20日(月)ランチタイムスペシャルコラボコース
 
お人様参加費  10,000円 (最大10名まで)
20日(月)12時~
 
お食事・ワンドリング付き 
 
スペシャリティ コラボ前菜盛り合わせ
鱧のコンソメ仕立て
お口直し
Sone特製 黒酢の酢豚
シメの一品
コラボデザート
 
※当日は希少な食材を使う為、入荷次第でメニューが変わる可能性があります。
 
 
 
お席に限りがございます。ご予約お待ちしております。
03-5728-4880
 

6/26 いわきでイベント

僕の生まれ故郷は福島県いわき市勿来です!
 
震災時は色々大変な方々もたくさんおられました。
 
しかし、いわきの皆さんは頑張ってらっしゃいます。
 
農家の皆さん、漁師の皆さん、それを使う飲食店の皆さん。
 
この度、僕も仲間に入れて頂いて、イベントを開催することになりました。
 
いわきの素晴らしい食材を使って、地元のシェフたちが美味しいカタチにする!
 
生産者とシェフのコラボ企画です。
 
シェフは、イタリアン、中華、フレンチと異種格闘技戦です。
 
東京からも是非皆さんいらしてください。
 
今から、わくわくしてます。
 

 

いわきイベント

 

 

~お知らせ~

 
6/26 いわきイベントに出張
6/27-28 長崎県壱岐に出張料理の為、お休みいただきます。
 
よろしくお願い致します。
 
 

今週末、ランチ営業しております! 


ご予約お待ちしております。

 

お料理教室のスケジュールはこちらから

ランチについてはこちらから

ディナーについてはこちらから

師匠の話 ~シェフ日記~

みんなこんにちわ。

突然ですが、僕には料理の師匠が三人います。

オー・ミラドーの勝又ムッシュ

レストラン SHIMPEI の松尾シェフ

料理屋 こだま の小玉大将

 

の御三方です。

 

どなたも天才で尊敬している師匠達です。

 

僕の自慢はこの御三方に師事出来た事だ。

 

で、今回は松尾シェフのお話を少し。

 

シェフは元々画家志望で、後に料理に目覚めシェフになられた方です。

 

ですから、芸術性に優れ、独自性に富んだ料理を作る唯一無二の存在でした。

 

自分の料理を盛りつける皿がないと言って器を作ってしまう凄い方です。

 

当店にも数点ございます。

 

 

最近、松尾晋平シェフつながりでご来店いただいたお客様が多い気がします。

 

皆さん、シェフは凄い人だったと口々におっしゃいます。

 

というのも、シェフは11年前に他界してしまいました。

 

シェフから僕が学んだ事はたくさんありますが僕の解釈では

 

「料理は一瞬を大切に」

 

という事を学んだ気がします。

 

ベストの火入れの瞬間は一瞬

 

その食材の本当の旬は一瞬

 

お客様が料理を召し上がるのは一瞬、、、。

 

だからその一瞬の為に準備をして集中する。

 

大事な事ですね。

 

シェフは今の僕に会ったらなんていうかなぁ~

 

考えただけでも緊張してきました(笑)

 

SHIMPEI  松尾シェフ

 

Le japonでは 新しいスタッフを募集しています。詳しくはこちらから

 

 

シェフ日記 ~ロンドンのセミナーが業界紙に!~

皆さん、こんにちわ、シェフのナカダです。
 
先日お仕事させて頂いたロンドンのセミナーが業界紙に取り上げられました。

 
水産新聞
 
海外では今、UMAMIが食のトレンドの一つです。
 
更にイギリスではビーガンがブームです。
 
この二つに当てはまる食材、昆布をイギリスで広めるためにロンドンに行ってまいりました。
 
現地のトップシェフの前でデモンストレーションをさせて頂くという貴重で有意義な会でした。
 
現地のシェフたちは凄く熱心に昆布、UMAMIについて質問してきて、こちらが圧倒されるぐらいでした。
 
僕も彼らに負けないように、より探求していかねばと思う瞬間でした。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

STAFF 募集 【アルバイト・社員・インターン・研修】

 

スタッフ募集のお知らせ

スタッフ募集

 


内容 : レストラン業務全般

当店はカウンターメインのお店です。お客様の反応を目の前で感じながら仕入れ、仕込みから調理、在庫管理、接客、メニュー開発まで、シェフの下で料理人または経営者としての経験がすべて積めます。

将来的にはお店を任せたい!という気持ちで、いろいろな事を伝えていけたらと思っています。


待遇 : 委細面談 (経験により検討)


〇 アルバイト 【 16時~23時 週1~2回から可能  】 

〇 正社員 【ダブルワーク可・ 勤務時間 10時~23時 予約状況に応じて出勤時間の変動あり 】

〇 スタジエ・インターン・研修 【 学生アルバイト 短期研修も可 】


当店では、一緒に新しい料理の分野にチャレンジしたい方を募集しております
私が思う、日本人にしか出来ない、"日本人料理"を創っていきませんか?

やる気がある方なら、私が行なっている料理教室、料理講師、料理プロデュース業のノウハウも勉強できます。
目標があり、努力を惜しまない方を歓迎します。

ご興味がある方は、是非お店へご連絡を。

TEL 03-5728-4880 シェフ中田まで

シェフ日記 ~ロンドンで講師~

皆さんこんばんわ。
先日僕は6日間、旨味セミナーの講師としてにロンドンに出張に行ってきました。
 
ロンドン出張
 
今ロンドンで最もホットなレストランThe clove clubのヘッドシェフIssac氏などロンドンの有名シェフに僭越ながらデモンストレーションさせて頂きました。
 
今回は函館の昆布会社「納谷商店」さんのご依頼で昆布の旨みを僕なりのアプローチでデモさせて頂きました。
 
デモンストレーション

〜昆布を入れたブイヨンと入れてないブイヨンの比較〜

こうやって比較することにより、明らかな旨味の違いをトップシェフ達に体験してもらいました
 
〜大豆と昆布の精進出しによる野菜のカクテル〜
凄い勢いで広がるヴィーガン料理、これに使える繊細な旨味に共感して頂きました。
さらに
〜真昆布と小豆のポタージュ〜

でヴィーガンの方々の胃袋を鷲掴み!

デモンストレーション
最後に
〜サーモンの燻製昆布〆〜
わが故郷、福島が誇る名品「メイプルサーモン」を使った一品を披露し
シェフ達から「イギリスのスモークサーモンより繊細で美味しい!」とのコメントを頂き感動!
 

ここ何ヶ月昆布の事を考えてた甲斐がありました。

 

 
現地のシェフ達と色々ディスカッションして大変有意義な時間でした。
 
間違いなく自分の料理史に大きく刻まれた6日間でした。
 
今回のセミナーにご協力頂いた皆さんに感謝です。
 
ロンドン 講師
 
さらに高みの料理を作っていきます!
 
その日は多忙だった遠藤シェフも、仕事が終わって駆けつけてくれて、最高の打上げになりました。
当日の予約にも関わらず、素敵なプライベートダイニングのお部屋を用意して頂き感激です!
Issacシェフ、LucaのRobertシェフありがとうございました!
 
これからも、もっともっと面白い事を企画していきましょう!
 
 
 
 

シェフ日記 ~すし伝さんとのコラボ~

先週、私が出張中にルジャポンがお寿司さんになりました(笑)
というのも、限定3日間で、ご来店いただいたお客様はほぼ福岡のすし伝さんの常連さんですが。
都内にもお客様が多い大将はすごいですね!
 
すし伝単独営業
 
2/21~22は 福岡すし伝の大将、吉田さんをお迎えしLe japonコラボディナーを開催致しました。

 
吉田大将と
 
吉田さんとは僕が開業前に有田に器を買いに行った際、偶然お店に入ったのがキッカケで仲良くさせて頂いてるお寿司屋さんです。
福岡に居ながらにして、江戸前スタイルでいわゆる「仕事をしている」お寿司屋さんです。
前回福岡に行った際、話が盛り上がって、この会が催されることになりました。
 
メニューは
僕のスペシャリティ、「酒粕マリネフォアグラ」と「すし伝秘伝の煮穴子と80年継ぎ足しのツメ」の前菜から始まるコラボコースを作りました。
 
コラボディナー

2日間、満席のお客様にご来店いただき感謝です。

そして、大将に留守の間、お店をお任せしてロンドンに行ってまいりました!
また、機会があれば開催したいです。
それにしても、大将のお寿司美味しそうだったなぁ・・・。
 
 
【ロンドンでのイベントの様子は次のページをご覧ください!】
 
 
 

 

 

 

 

素敵なお客様 ~シェフ日記~

皆さんコンバンワ。
 
シェフです。
 
今日は嬉しいお客様がいらっしゃったので、ちょっと書きます。
 
デンマーク大使

昨日のランチにデンマーク駐日大使がご来店くださいました。

 
料理、サービスとすごく褒めて頂き、恐縮です。
 
しかも記念撮影まで。
 
デンマーク大使 フレディ様
 
個室 椅子
うちの個室の椅子はデンマークのヴィンテージなんです!

しっかりアピールしときました。

 
あっ、チーズもデンマーク製でした。
 
デンマーク行ってみたいなぁー。
 
 
1月2月は12月に比べ、だいぶ落ち着いておりますので、
シェフとゆっくりしゃべりたい方、大歓迎です!(笑)
 
 
 

2/21(水)~22(木)すし伝 × Le japon コラボディナー ~シェフ日記~

シェフ日記でのご挨拶が大変遅くなりましたが、今年もルジャポン をご贔屓よろしくお願いします。
 
 
2月に、魅力的なイベントを開催しちゃいます!
 
端的に言うと、僕がお世話になってる福岡のお寿司屋さん「すし伝」とコラボディナーしちゃいます!

 
僕がオープン前に有田に器を買いに行った際に、ふらっとお店にお邪魔させていただいてからのお付き合いさせて頂いてるお寿司屋さんです。
 
大将の吉田さんは元々と東京の方でやられてた方で本物の「江戸前」を知る方です。
 
色々な仕事をした大将のお寿司はいつも勉強させて頂いてます。
 
 
すし伝 大将
 
 
 
 
 
092-471-7878
 
完全予約制
福岡県福岡市博多区博多駅前1-1-1 博多新三井ビル B2F
 
 
先日お店に伺った際に軽く「コラボできたら良いですね〜」って言っちゃったら、すぐ快諾して頂きました。
僕もお寿司屋さんとのコラボは初なのですが、きっと素晴らしいコースができると思います。
 
今のところ、、、。
二人がコラボした一皿「ルジャポン 名物 酒粕マリネフォアグラとすし伝特製煮穴子のサラダ仕立て〜秘伝の”ツメ”ソース」
などなど、締めは勿論、江戸前寿司。
 
僕が一番ワクワクしているイベントかもしれません。
 
グラスシャンパン付きで18,000円(税別)です。
 
2/21(水) はお時間自由 
2/22(木)19:00からの一斉スタートのイベント
 

すぐにお席が埋まってしまいそうなので、お早めのご予約をお勧め致します。
 
 
ご予約はLe japonまで 03-5728-4880

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ