ホーム>INFORMATION>食材について

食材について

9月のお料理教室 ~菊花ソース~

今月は5周年企画として、初めての試み特別価格でレッスンを行っているおかげで

10回のレッスンすべてが満席となりました!

ありがとうございます。

11月はクリスマスメニューの料理教室。

12月はお正月メニューの料理教室を開催いたしますのでお楽しみに!

 

今月のメニューの”鮮魚のポアレ 菊花ソース

の菊の花のソースとは・・

そうです菊の花を使って鮮やかな黄色いソースを作ります!

菊

 

完成したお料理は、ご参加いただいてからのお楽しみです。

 

10月以降のレッスンスケジュールはこちらから

シェフ日記 ~自家製プラム酒~

福島県のプラムを使って
プラム酒を仕込みました!

完成は3か月後です。
3か月後はあっという間にクリスマスですね~!

 

プラム酒

 

完成をお楽しみに!

 

ジロール ~杏茸~

こんにちは。

マダムの麻里子です。

ル・ジャポンでは、日本の食材ばかりではございません。

今月はフランス産のジロールを取り寄せています。

日本語ではアンズタケといいます

ジロール

アンズダケとは、杏のような香りがするきのこ。 

なので、椎茸などくせのある香りが苦手な方も美味しく召し上がってもらえると思います!

シンプルにソテーすると美味しいです!

 

ぜひ、ディナーでご予約下さい!

 

ル・ジャポン スタッフ

ちなみに、、、

最近、どのスタッフがシェフの奥さん?と疑問を抱えているお客様がいらっしゃいますが(笑)

私は子育て中のため平日と土曜日のランチタイムにしかほとんど出勤していないです。
しかも、アルバイトの女の子はかわいい20代なので間違えるとかわいそうなのでお間違えなく~。(笑)

舞鶴フェア ~万願寺甘とう~

皆さんこんにちは。

気持ちの良い陽気が続いていますね!

 

今月は東京カレンダーさんの企画で、舞鶴のフェアに参加しています。

 

京野菜のひとつ 万願寺甘とうが舞鶴からたくさん届きました!

かなり立派です!

シェフ 万願寺唐辛子

 

万願寺甘とうは辛くないとうがらしです。

歯ごたえがあって甘みもあるとっても美味しいです。

この大きさからか、とうがらしの王様と呼ばれているのをご存知ですか?

そして、万願寺というのは地名から来てるんですよ。

 

万願寺とうがらし

今月はこれで、美味しい土鍋ごはんをお作りします。

 

お楽しみに!

 

6月のランチ営業日 4(土) 11(土) 12(日) 14(火) 19(日) 22(水) 26(日)

佐賀県ブランドトマト「光樹とまと」

 

 

今年も佐賀県川副町で生産されるブランドトマトの「光樹とまとフェスタ」に参加させていただきす。

4月15日(金)当日はこちらのトマトを使ったメニューをご提供させていただきます!

 

光樹とまとは日本で唯一、グループ(光樹とまと部会)で その栽培に取り組み、そして、グループが定める幾重もの選果基準をクリアしたものだけを光樹とまと ブランド。

特徴は、糖度、酸味、食味のバランスがひときわ良好です。

 

光樹トマト

バターを使わいないオランデーズソース ~シェフ日記~

 

暦の上では春ですね。

 

Lejaponのお料理やソースにはバターや生クリームをあまり使っていません。

フレンチのオランデーズソースにはバターが欠かせませんが、ル・ジャポンのオランデーズソースは

バターを使わず太白の胡麻油を使用するので重くない美味しいオランデーズソースです。

オランデーズソースはアスパラに合わせるのが王道ですが、今回は筍と合わせております。

早春の香りを感じに、ル・ジャポンでぜひお食事を!

 

オランデーズソース

そらまめスープ

2月のメニューにそらまめのスープをご準備しております。

そら豆は、栄養価が高く健康には欠かせない食材です。
においや食感が苦手という方もいらっしゃるようですが、ハマグリと自慢のだしで作ったポタージュです。

そら豆を食べて風邪に負けないように健康な身体になっていただけたらと思います。

今月はこちらのメニューを料理教室でもお教えしています。

 

空豆・ハマグリのスープ

 

11/28(土)こだわりのお米を体験できます

ル・ジャポンのこだわりのお米は福島県の小泉農園さんのものを使っています。
島出身だからではなく、福島復興のためでもなく、ただ美味しいからです。

どこのお米ですか?と聞かれなければあえてお教えしていなかったそのお米を
今回のイベントではしっかりと白米の状態でも召し上がっていただけます。

 

福島県からの協賛により、今回のイベントを開催することになったので
皆さまからは参加費は一切頂かずに無料で美味しいお米を体験し
ていただき、小泉さんのこだわって作ったお米のお話も伺えます。

そして、その小泉さんのお米を使った米粉商品もご紹介します。米粉を使ったカレー粉は、小麦などのアレルギーのある方にも使える安心の商品。

ル・ジャポンでも人気のフォアグラ担担麺の米麺はここの商品です。

 

そんなお米を楽しく知ることができる素敵なイベントになると思います。

是非お立ち寄りください。(できるだけご予約をお勧めいたしますが、立ち見であれば当日フラット参加もOK)

ふくしまイベント

 

スケジュール  各回定員10名 

1回目 10:00~11:00 
2回目 11:20~12:20 【残りわずか】
3回目 13:00~14:00 【満席】
4回目 14:20~15:20 【満席】
5回目 15:40~16:40 【残りわずか】
6回目 17:00~18:00

詳しくはこちら

ボジョレー ヌーヴォー 2015解禁

今日はいよいよボジョレー解禁です。
 
今年のLe japonでご用意するボジョレー ヌーヴォー
 
ルロワ ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール[2015]

ブルゴーニュを代表する『名門ルロワ』がつくる最高のプレミアム・ボジョレー。
ラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)“ブルゴーニュの完全主義者”の異名をもつ彼女の経営するネゴシアン&ドメーヌ。 

高齢になった今でも、畑をまわり衰えることのない天才的なティスティング能力をもつマダム・ルロワ。

品質をあげるため、有機栽培でつくられた手間暇かけてつくったブドウを惜しみもなく収穫量を徹底的に減らします。

厳選されたブドウもマセラシオンカルボニックと言う近代的手法でなく伝統的製法により、通常のヌーボーとは
一線を画した凝縮感たっぷりで、非常にエレガントな仕上がりになります。

価格でもボジョレーヌーボーの中でも最も高価な価格帯のプレミアム・ボジョレー・ヌーボーです。
 
ボジョレー ヌーヴォー
 
 
ル・ジャポンでは今夜こちらをグラスワインとしてお飲みいただけます。
ご予約お待ちしております!

長萩和牛

おはようございます。
本日は当店で扱っているお肉のお話です。
 
ル・ジャポンでは色々なお肉を使ってますが、今日は「長萩和牛」の紹介です。
 
「長萩」'ちょうしゅう"と読みます。
 
長萩和牛
山口県萩の牛肉で大変美味しい黒毛和牛です。
サシと赤身のバランスが良く、僕好みのあまりくどくないお肉。
 
まだまだ東京では扱っているお店は少なく、レアなお肉で、
僕が萩の旅館のプロデュースしている関係で見つけました。
 
地方に行くと色々な食材に出会えて幸せですね。
 
因みに和牛のルーツは萩の見島という離島の「見島牛」という和牛と言われてます。
 
上野動物園にもいる天然記念物です。
 
 
ついでにうんちくをもう一つ。
 
うちでも使っている和牛の部位で「イチボ」というものがありますが、
このイチボの名前の由来は、お尻の骨を英語で、アルファベットのHに似ているのでエイチボーンと言うのですが、それがなまって、イチボになったそうです。
美味しいお肉、シェフのオイシイうんちくに出会いたいなら、是非、ル・ジャポンにお越しください(笑)
 
 
ページ上部へ