VEGAN

ヴィーガン料理

ヴィーガン料理

栄養バランスや 環境問題の観点から準菜食主義者"フレキシタリアン"と呼ばれる方々が多くいらっしゃいます。

フレキシブルとベジタリアンを合わせた造語でアメリカでは流行語にも選ばれました。簡単に言うと普段の食事は肉、魚、乳製品、卵も食べるけど、たまに野菜だけのヴィーガンになろうかなぁ、という考え方です。
動物性の食材を使わないと美味しくないのでは?と考える方も多いと思いますが、そんな“定説”を覆す、野菜の旨味を最大限に引き出し、昆布の旨味をプラスした価値のある出汁にこだわったル・ジャポンのヴィーガンメニュー。

シェフが昆布のコンサルの仕事で行ったイギリス出張をきっかけに昆布だしを使ったヴィーガンメニューの研究を重ね生み出したヴィーガン・コースを2019年にスタート。生粋の菜食主義ではない人々でも美味しく楽しめる、メニューをお試しください。

 

ル・ジャポンの料理コンセプト

ル・ジャポンの料理コンセプト

私達、日本人の家庭では一週間に天ぷら、カレー、ラーメン、洋食など世界各国の料理を食します。
しかし、どれも本場の料理とは違います。カレーはインドとは違うし、ラーメンは中国とは違います。
このように世界各国の料理文化を受け入れ、更に独自のものに進化させているのは世界広しといえども、日本だけです。
このような独自の食文化を象徴するような”日本人料理”を提供していきたいと思います。

We, Japanese families, eat tempura, curry, ramen, western food and other dishes from all over the world in a week.
However, all of them are different from authentic dishes.Curry is different from India, and ramen is different from China.
In this way, it is the one that accepts the culinary cultures ofall over the world and further evolves it into a unique one.
Even though it is widespread in the world, it is only in Japan.I would like to provide “Japanese cuisine” that symbolizes such a unique food culture.

 

Le japonでふるさと納税