ホーム>INFORMATION>シェフ日記>9/7(土)11:30~ シャンパーニュ飲み比べ
シェフ日記

9/7(土)11:30~ シャンパーニュ飲み比べ

皆さんこんにちは
 
スペシャルワイン教室のご案内です。
 
今回はワイン好きなら誰でも知ってる3種類のワインを飲み比べです。
 
まずは「ボランジェ」
 
生産に必要なブドウの約70% を、シャンパーニュ造りに最良とされるグランクリュとプルミエクリュでおもに構成される160ヘクタールの自社ブドウ畑から供給しています。
また、オーク樽での発酵や、カーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより、世界的な名声を確立しており、1884年からは英国王室御用達を拝命する希少なメゾンのひとつとなっています。
 
あの“007”でジェームズボンドも愛飲するシャンペンです。泡の口溶けが素晴らしく、初めて飲んだ時の感動を未だに忘れれません。
 
お次は「ポル ロジェ」
 
「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュを造り続けています。
木樽を一切使用せずステンレス・タンクで発酵させることによって、ブドウ本来の繊細な味わいを引き出します。
またルミュアージュを重視し、今でも職人によって手作業で行う数少ないハウスの一つです。地下に広がるセラーはエペルネで最も深く、そこでゆっくりと熟成させることによって極上の泡を伴うシャンパーニュが生まれます。
 
こちらも英国王室御用達でかの”チャーチル”が愛飲しておりました。
 
最後に「ドラモット」
 
ドゥラモットは、その拠点をコート・デ・ブランのグラン・クリュのひとつ、ル・メニル・シュール・オジェ村に置き、あの幻のシャンパーニュ、「サロン」の姉妹メゾンという位置づけです。
サロンはご存知のとおり、単一品種、単一クリュ、単一収穫年のシャンパーニュのみを生産し、この100年間にリリースされたのはわずか30数ヴィンテージにすぎません。
ではサロンが造られない年、そのブドウはどうなるのかといえば、このドゥラモットのために使われるのです。
 
あの高級シャンパーニュ「サロン」はめったに飲めませんが、こちらの「ドラモット」ならたまには(笑)
 
この3本を飲むなんて滅多にない事です。
そして、さらにこれらのシャンパーニュを美味しく深く知るためにソムリエ上杉がわかりやすく解説致します。
シェフも負けない料理を1品お教え致します。
 
今回は特別なワイン教室な為会費をお一人様10,000円とさせて頂きます。
もちろんチケットお持ちの方は差額をお支払い頂ければokです。
 
なお、すでにご案内出来るお席残りわずかです。
お早目のご予約をお勧め致します。
 
シャンパン ワイン教室
 

ワイン教室

~美味しく、楽しくワインを知りながら食事を楽しむことを中心とした教室です~
 
シャンパン特集! 9月7日(土)11:30~ 【残りわずか】
 
お一人様10,000円 
*10回チケット利用の場合は差額のお支払いあり
*ソムリエの上杉氏によるレッスンです。
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.le-japon.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/485

ページ上部へ