ホーム>INFORMATION>器のこだわり

器のこだわり

"Le japon 器のこだわり"

こんにちは!下嶋です。
 
日中はまだ暑い日もありますが、朝晩は涼しくなり秋を感じますね。
 
 
今日はお店で使われている有田焼の紹介をしたいと思います!
 
有田焼とは佐賀県の有田町とその周辺で製造される磁器のことで、400年も前から作られています。
 
また日本で初めて磁器が作られた産地でもあります。
 
 
Lejaponではこの有田焼の器をたくさん使っています。
 
 
今日その中の一部を紹介します!
 
まずはこのお皿。
 
吹墨
 
吹墨という呉須(藍色の顔料)を霧吹き状にふりかける染め付けの中の1つの技法で、濃淡やグラデーションを表現することが出来ます。
 
呉須を含ませた筆を直接吹くことから名がついた吹墨ですが、今では歯ブラシを使って吹墨を描くこともあるみたいです!
 
Lejaponではお口直しの時にお出しするのですが、この器を出した時に
“ここって器が素敵よね~!”
“これってどこの器なんですか?”
とお客様が器に反応されることが多い器の1つです!
 
 
 
次にご紹介したいのはこちら。
ワインクーラーです!
 
 
ワインクーラー
 
(左)小花散らし(右)葡萄
 
1つ1つ手作りで、作家 「山口洋一さん」のワインクーラー。
 
初めて見たときに、よくあるステンレスやアクリルタイプと違って温かみを感じられるので、ル・ジャポンにぴったりだなと思いました!
 
 
このようにル・ジャポンでは器にもこだわっています。
ぜひお店に来たら料理・ワインだけでなく器も一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです!
 
 
 
 
 
有田の作家さんであり、お店にもいくつか作品がある山本英樹さんの展示会が9/27~10/2銀座で行われます!
 
 
ぜひ足を運んで見てください!

新しい器 東京ドームテーブルウェアフェスティバル

毎年この時期恒例の、東京ドームに行ってきました。

器

こちらの当店ですでに使用している
(奥)多治見の「藤内紗恵子」さんの器
(手前)武雄の閑古錐窯の「山本英樹」さんの器
どちらもテーブルウエアフェスティバルに出品されています。

山本さんには、今回久しぶりにお会いできました。

 

 

 

 


そして、来週の器販売会に先立ち、さっそく新しい器を買っちゃいました。

(こちらは新しい器なので、来週はもちろん売りません!笑)

ちょっとご紹介!

器

一枚目は大堀相馬焼「京月窯」のお皿、初めて地元福島の器を使います。

 

器

 

二枚目は笠間焼「keicondo」さんの器、これもはじめての笠間。どちらも楽しみ。

因みに僕の出身地はいわき上記の産地の間ぐらい?

 

器販売会

中古器販売会  

2月15日(木)
【11:00~17:00

ご予約は不要です。お気軽にお立ち寄りください。

今年は食器倉庫入れ替えのため、Le japonですでに使用しているものを中古で販売するものが中心となります。

毎年、ご好評いただいている中古品のため、無くなり次第終了になります。

販売数も多くないため、2/15の1日限りとさせていただきます

自由にご来店・ご見学していただく事が可能です。お気軽にお越しくださいませ。

 

Le japon  

ランチ・ディナー・料理教室のご予約はこちら

〒153-0042 東京都目黒区青葉台2-10-11 西郷山スペースGF

TEL/FAX 03-5728-4880

 

 

 

 

 

LISA LARSON 海と森をテーマにした器

リサラーソン

 

器に合わせたお料理提案のお仕事をさせて頂きました。

今回は リサラーソンさんのNEWシリーズの器

森と動物の絵皿

STIM

 

まずこれらの器を見せていただき、
その器にどのようなお料理を盛り付ける?というところからスタート。

 

2017628131613.jpg

今回は特別にレシピも掲載させていただいております。

是非ご覧ください。こちから

 

Le japon  ご予約はこちら

〒153-0042 東京都目黒区青葉台2-10-11 西郷山スペースGF

TEL/FAX 03-5728-4880

 

器のこだわり ~オーダーメイド食器棚~

オーダーメイド食器棚

紫陽花の綺麗な季節となってまいりましたね。

こだわりの食器が増え続け、見せる食器棚が欲しいとシェフがずっとリクエストしたのですが
ようやく完成いたしました。

他にも当店にはこだわりのカウンターに、こだわりのテーブルなどなど
オーダーメイド家具ばかり。

そんな空間もお楽しみください。

 

 
山本英樹さん作品

今回、見せる収納に飾らせてもらった器を少し紹介します。

こちらの器は山本英樹さんの作品です。

 

山本英樹さんの工房は黒髪山の麓の風光明媚な景観で有名な『乳待房』(ちまちぼう)の近くにあります。
神秘的で雄大なイメージそのままに、個性的で魅力溢れる作品ばかりです。 
 

 

 
Le japon
 〒153-0042  東京都目黒区青葉台2-10-11  西郷山スペースGF
TEL/FAX 03-5728-4880
 

2人前おせち ~有田焼陶箱デザイン~

こんにちは。

毎年、12月は本当に慌ただしいですね。

さて、今年のおせちもたくさんご予約を頂いておりますが

まだ若干受付が可能でございます!

 

お重2017 

今年の2人前の

’有田焼お重’は

こちらのデザインでご用意いたしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お重2017

 開けてみるとこのような感じに入ります。

 

こちらの有田焼お重付きのおせちは 今後も、お持ち込み頂き中身をお入れすることが可能です!

( お持ち込みのお重の場合は8,000円引きにて )

また、ご自宅でいろいろな使い方をしていただければと思っております。

 

 

昨年度のお品書きは下記の通り。今年は若干内容の変更があるかもしれません。

有田焼お重おせち2017
ヨーグルト味噌漬け長萩和牛ローストビーフ
海老の艶煮 サフラン風味
寒鰤の照焼き ル・ジャポン風
仔鴨のブルーベリー煮
海の幸 有明生海苔ゼリー寄せ
天城シャモのバロンティーヌ
人参オレンジ煮
牛テールと牛蒡のゼリー寄せ
イクラの柚子マリネ
紅玉リンゴと苺のテリーヌ
フォアグラ味醂粕風味のコンフィとあんぽ柿のルーロー
シャンパン風味のスイートポテト金団(杏入り)
黒豆赤ワイン煮
芽キャベツのバジル味噌和え
パプリカとスモークサーモンの土佐酢マリネ 
完熟金柑のグランマニエ漬け
茸の胡桃マヨネーズ和え
毛蟹と独活と蕪のクリームチーズ白和え
黒トリュフと京芋のポテトサラダ
菜の花と干し貝柱の金山寺味噌和え
 

 有田焼陶箱付おせち 28,000円(税別)

【限定10セット】 2人前
<お渡し日時> 12月31日(土) 12:00~14:00  ル・ジャポンにて
<宅急便>  クロネコヤマト便にて冷蔵配送を行います。
          【12/30発送 送料別】事前に店舗にてお支払いいただくか事前振り込みとなります。
          【送料は一律1,000円】お客様負担となります。
<お申し込み方法>ご来店時または お電話にてお申し込み下さい。03-5728-4880
 
 
 

シェフ日記 ~新しい器~

藤内さん器

皆さん、こんにちは。

 
今日は新しい器の紹介を!
 
これは東京ドームのフェアで気に入った藤内紗恵子さんの作品です
 
ちょうど代官山のギャラリーで個展のご案内を頂き、拝見してとても気に入った器です。
 
 
 

 

 

藤内さん器
素焼きの生地にガラスの釉薬がかかった涼しげな一皿です。
 

これからの時期にピッタリです。

是非横からも見ていただきたい作品です。

 

 

ル・ジャポンでは器づくりの若手作家を応援しています。

自身の作品の個展を開催してみたい。作品を広めたい。という思い持っている方はぜひご連絡をください。

面談の上、作品を拝見させていただいた上で、当店で作品展をする機会や撮影時などに器を使わせていただきたいと考えております。
お気軽に中田までご連絡ください。

 

線 幸子さんの作品

 

今日は、よくお客様からご質問を頂く

 

線さん 作品

 

この作品を紹介します。


 

これは「わた」でできている 線幸子(せん さちこ) さんの立体的な作品。

 

線さんはぼくと同じ福島県いわき市の出身の方で数々の芸術賞を受賞され

綿を用いた作品を作り続けていらっしゃいます。

 

このテーブル席の横にあるいちばん大きなこの作品はLejaponのシンボル的存在です。

 

現在国立新美術館にて展覧会が開かれている

未来を担う美術家たち
18th DOMANI・明日展文化庁芸術家在外研修の成果
 http://domani-ten.com/

こちらに線さんの作品が展示されています。

 

会期
2015年12月12日(土)~2016年1月24日(日)
毎週火曜日休館 2015年12月22日(火)~2016年1月5日(火)は年末年始休館
開館時間
10:00~18:00 金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会場
国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

 

線さんにご興味のある方は当店でも、一言おっしゃってください。


作品をご紹介させていただく事が可能です。

こだわりの器

Le japonでは有田焼を中心にこだわりの器が多くあります。

今日はこの器をご紹介します。

201492717711.JPG

もちろん、手作り。そしてひとつひとつ手描きで描かれています。

この器は、形・絵柄など料理を盛り付けることを考えて

シェフが窯元にセミオーダーしたもの

 

Le japonにしか置いていない特別な器です。

器裏

 

ご家庭で同じ器を使ってみたいと思った方、特注で追加で焼いてもらうこともできると思うので
シェフに相談してみてください。

 

 

ページ上部へ